Back to Top
behance

behanceというポートフォリオサイトに掲載を始めました。作品の体裁を整えてアップしていきます。英語勉強しないと。https://www.behance.net/shinsukeyokoyama

behance

behanceというポートフォリオサイトに掲載を始めました。作品の体裁を整えてアップしていきます。英語勉強しないと。https://www.behance.net/shinsukeyokoyama

サインが部屋を引き締める。大事なところにさりげなくいる佇まいがいい。

サインが部屋を引き締める。大事なところにさりげなくいる佇まいがいい。

急に走りたくなって、走ってみたら最高だった。深夜の下高井戸。
2014.1.25

急に走りたくなって、走ってみたら最高だった。深夜の下高井戸。

2014.1.25

旧井上房一郎邸

アントニン・レーモンドの木造建築。1952年。今回の建築めぐりの中で最も実務に近いものでありかなりじっくりと見入ってしまった。片流れ屋根で奥行の浅いシンプルな形式ではあるが、一般的な日本の建築とは全てが違っているように感じた。一番はフロアラインを低く抑えていることにあるように思う。低く抑えられた軒に切り取られた庭が地続きに内部空間に取り込まれる。勾配天井の北側からの柔らかい光によっておおらかな空間を演出している。濃い色の壁や天井によって切り取られた外部の光が一層引き立てられている。ついつい人が寄って来てしまいそうな、そんな豊かなリビングルームだった。

明るい土間空間は奥行の浅い玄関と一体的になる。この半屋外スペースにはテーブルセットがあれば、来客の談話や食事にも利用できる。内外が融解していくような生活を想像できた。名前のない場として重要な存在になっている。

要素をひとつずつ確認していくことは、凝り固まっていた木造の扱いの認識をときほぐしていく作業だった。

2014.1.19

群馬音楽センター

アントニンレーモンドの晩年の傑作。折板構造による構造形式がそのままいたるところに現れていて、当時のテクノロジーに対する強い意識を感じることができた。力強い迫力にあふれたモダニズム建築はやっぱり惹かれる。

1961年に竣工し長い年月を経過しているものの、市民に愛され、イベントが絶えない公共施設。

2014.1.19

THEME BY PARTI